定期的に漫画を上げたいという話

創作漫画の事

いやもうタイトルが全て。

でもこれが中々私にとって難しい。

精神と時の部屋が欲しい

私はファンタジー漫画描いてるんですが、これが難しいんですよね…。まじで。手書きブログの方でも言いましたが、衣装、建築物のデザインは勿論ですが、それ以上に世界観作りが難しい。

世界観はああでこうでって考えてると、「違うジャンルの本を読むという話」でも言ったけど、ファンタジーであればあるほど現実の世界の知識が必要になってくると言う事。

ファンタジーの世界だからって「全部創作でいいんだ!」って思いつくままやってると、後で痛い目を見る。ていうかそもそも創作である以上、そこに登場人物たちは生きているんだから歴史だのなんだのがあるわけなんですよ。生活があるんですよ。ちゃんと作ってあげないとね、そこは。結構思い入れのある漫画なんで、しっかりとした世界観を作ってあげたいんです。私は。

そうなるといろんな本を読んで知識を蓄えないといけないわけで、本を読んでると面白いんだけど、「早く漫画描かないと」って気がせいてしまう。当然趣味の事だけをやっているわけにはいかないので、時間というものがいかに有限であるか身をもって思い知る今日この頃。精神と時の部屋が欲しい。

一気にやろうとするからいけない

大まかな世界観の設定と、大体の話の流れは前々から決まっていたんだし、そのパートになってから世界観の肉付けをすりゃあいいのに、できない…。

だってすべての事はつながっているから…。

激遅不定期更新で本を読んで肉付けをするのが先か、その肉付けが必要なところまではコンスタントに上げるべきなのか悩み所。そもそも筆が遅い上に気力使い果たすと全く何もできなくなるから悪循環なんですよね…。

だから期限を設けることにした

自分の中で期限を決めて、それを元に自分のペースで漫画を描きつつ、本も読みつつってやっていこうかなと思います。

調子のいい時とか時間あるときは描いちゃえばいいし、時間とれない時とか体調悪い時とかはペースを緩めて。って考えたら大分気持ちが楽になる。

一度に全部何もかもやんなきゃって思うから自分の首絞めるだけで、いい事なんて一つもない。

因みに漫画描くのは本当に好きです。

お察しの通り私は夏休みの宿題最終日に泣きを見たタイプです。

つーか、「最初っからそうしろよ」っていう話ですよね、期限を設けるとか言うのは。

定期的に上げようね

数少ない読んでくれている人の為にも、不定期更新とかはやめて、一か月ごとに更新を目標に頑張っていきたいと思います。

頑張ります!

と言う事で、今日はこの辺で。因みにこんな感じで下書き書いてます↓

それではおやすみなさいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました