「パラダイスキラー」をプレイした感想

ゲームの事

8/20に日本語版がリリースされたSTEAM、Switchのゲーム、「パラダイスキラー」をプレイしました。

「パラダイスキラー」の概要

内容は、ある事をきっかけに「パラダイス島」を追放された「捜査オタク」と呼ばれる主人公、レディ・ラブ・ダイが、その島で起こった大量殺人事件の解決するために呼び戻され、島中を探索して証拠を集め、裁判で容疑者を有罪にするというゲーム。裁判で立証するためにはこの証拠集めが肝心です。

詳しくは「パラダイスキラー」の公式サイトをご覧くださいませ。

パラダイスキラー - Leoful
『パラダイスキラー』公式サイト

探索について

島中を探索するのですが、オープンワールドと言う事もあり、移動が徒歩だとちょっと大変でしたが、調べられるものはピンク色だったり、近づけば白枠が出てくるのもあって、行き詰まることはありませんでした。

セーブはセーブポイントが島中にあって、ゲーム中でも表示されるように、何回でも細かくセーブした方がいいです。というのも、おそらく容疑者たちとの間に、好感度もしくは信頼度のようなものがあって、関係性が向上すると普通は話してくれないような情報を教えてくれることがあるからです。「おしゃべり」という雑談コマンドでいくつか選択肢があるので、それによって変わるのではないかと思います。(※要検証!。後日検証してまた記事書きたいと思います。気づいた時には遅かった…)

そしてセーブポイントでファストトラベルができるのですが、先ずその地点を、島中に散らばっている「ブラッドクリスタル」という通貨で開放する必要があります。そして、ファストトラベルするのにも通貨が必要です。クリスタルは色んな所で使うので、節約できるところは節約した方がいいかなと思います。解放することで入手出来る収集要素もあるので、コンプしたい!という方はクリスタル集めを頑張ってください。

節約した方がいいとは言いましたが、すこしネタバレになるかもしれませんが、「足湯」は積極的に開放した方がよいでしょう。というのも、探索が格段に楽になるからです。私はお金かかるので、少し余裕ができてから解放したのですが、「先にやっとけばよかった!」と後悔しました。ウイスキーや遺物と呼ばれる収集物もあちこちに散らばっていますし、本編とは関係のないサブイベントのようなものもあるので、島は細かく探索すれば探索するだけ楽しさが増します。

感想

私は8/20にSTEAMのセール情報見ていてセールになっていて、面白そうだったし、イラストも結構好きで、見た感じ色使いがビビッドでおしゃれだなーと思って即買いしました。リリース当日だったのはクリア後に知りました。

プレイして先ず思ったのが、最初操作するところからタイトルコールまでのオープニングの一連の流れがおしゃれ。高所恐怖症の方は辛いかもしれません。因みに一人称視点で、彼女はどんな高さから落ちても死にません。

独特の世界観で、私は慣れるまで少しかかりましたが、建物や人物の名前など日本風のものも結構あるので、親近感がわきました。あと登場人物との会話もそれぞれキャラクターが立っていて楽しかったです。お気に入りはクリムゾンちゃん。セクシーな見た目で常に敬語で話し、しかも強いという点が私は好きですねー。会話も本当、楽しかったです。シンジくんとの会話も楽しかった。

裁判パートも誰をどのような罪で、どんな証拠があって告訴するのかを慎重に考えなければなりません。自分が怪しいと思う人物を挙げても、証拠不十分だと容疑者を有罪にはできませんでした。とはいっても、各裁判ごとにセーブするかどうか聞いてくれるので、セーブ&ロードで納得のいく裁判に持っていくことは簡単でした。ただ、個人的に納得のいく結末になっても、「実績解除」とかは(今のところ)ないので、裁判が本当に正しかったのか誰にも分からないという所がまた面白いポイントだなと思いました。

ゲームの内容的に実績はなくてもいいのですが、収集物はどれくらい回収できているかが自分では分からなかったので、クリア後に収集物の達成度とか教えてくれたらありがたかったなあと、すこし思いました。まあプレイ中、収集物や解放できる地点を教えてくれるようになるので、それを目指していけば全回収は達成できると思います。それと、本編には関係ない(と思う)明らかに解けていない謎が多々あって、いろんな意味でクリア後も謎の多いゲームでした。

証拠が集まれば集まるほど、人々の関係が明らかになり没頭していきます。こんな面白いゲームがちゃんとした日本語でできて嬉しかったです!

私はSTEAMでしたが,Switchでも販売しています。少しでも興味がわいた方は公式サイトなど覗いてみてはいかがでしょうか?そしてやってみたいなと思った方は、是非プレイしてみてください!本当に楽しいゲームでした!

それでは今日はこの辺で。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました